親子留学にPEQを利用してみては?

DSC_0060

わが子をカナダに留学させたいと思っている両親のために、小学生、中学生、高校生の

海外留学/親子留学の一方法として、PEQが上手く利用できないか考えてみようと思う。

ちょうどうちにも13歳の娘がいるしね。(笑)

1.親が、高等教育期間で、PEQで認可されているコースを選択する。
最短で職業訓練カレッジの1年半、長いものなら3~4年間の学部留学も対象になる。
2.親が高等教育を受けている間、義務教育年齢の子供は公立校での教育が無料!

3.親が卒業後、永住権を申請して受理されるのを待つ間、PGWP(Post Graduate Work Permit)が

3年出るという話だ。その間、何らかの形で仕事をし、給与を得ていることが証明できれば、

(何の仕事でもいいし、パートタイムでもいいらしい、)子供は継続して公立の英語・フランス語の学校に通うことができる。

(注:この件について、2016年9月3日に新情報が入ったので、そちらを参照していただきたい。ちなみに、上の話は英語の教育委員会の担当者から直接聞いた話だったのだが、情報に足りない重要な点があったらしい...

http://wp.me/p79uR0-jl )

ところが、気をつけることがひとつ。

一旦永住権が出てしまうと、ケベック州では移民の子供は英語の公立学校に行く権利を失う!!

なので、フランス語の公立学校に行くか、私立の英語の学校に切り替えるかしなければならない。

または、最悪?の場合ケベックを出て他の州に行くという奥の手もある…が、ここまでがんばって

フランス語もやってきてモントリオール以外の場所でまた出直しって、ちょっともったいない気がするし、

ケベックセレクションで永住権をとっているのに、永住権が出たらバイバイっていうのも、裏切りみたいで後ろめたい。特に、そんな人が続出すれば、PEQ自体の存続が怪しくなりそうだ。そんなことしなくてすむ様に、それまで英語で教育を受けてきた子供たちの救済が考慮されるようになるといいな。

それと、とっても大事なこと!ケベック州では、高校は日本で高2、17歳までになる。(カナダの他の州では高3まで。)高2の次は、CEGEPというカレッジで大学予備課程を2年受けるが、こちらは無料にはならないのでご注意を。

 

あと、念のための追加情報

1.PEQは他のプラグラムと同様、未来永劫続くと保証されてはいない。いつ打ち切られるとも知れないプログラムなので、このブログを読んでもしも私もPEQでカナダに行こう!と思った方、くれぐれも自己責任で。打ち切られてしまった場合のプランBも、必ず用意しておいた方がいいと思う。

2.ブログに書いている情報はあくまでも私が周囲の経験者から聞き取りで集めたものなので、常に最新の情報を確認しながら進めていくことをお勧めする。もし、最新の情報と違うことがあったら、後に続く方のためにご一報をいただけるとありがたい。

3.英語力について

PEQで職業訓練に入る際には、英語のレベル証明を求められなかった。現にクラスメートで多分この人授業の意味が半分くらいしかわからないだろうな、という人(中国からの生徒)もいる。仲間に聞いて課題はこなしているけどね。ちょっと荒業になるけど、英語もフランス語も順番に勉強して期間中に上達させている人もいるらしい。なので、現時点で英語力がちょっと、という方でも、なるべくレクチャーよりも手を動かすことの方が多いコースを選べば、何とかついていける可能性があると思う。ただ、その場合は、先に英語またはフランス語のクラスに入ってレベルを上げたり、最短の1年半ではなく、少し長めにかかる可能性も考慮した方がいいかも。

 

Bon Voyage!

 

 

 

モントリオール情報ブログランキングに登録中。クリックで応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ
にほんブログ村

親子留学にPEQを利用してみては?」への5件のフィードバック

  1. ちえこさんこんにちは。以前メールをさせていただきましたえいこです。いつも楽しくブログ拝見させて頂いております。その節は親身にご相談にのっていただきどうもありがとうございました。
    この記事についてご質問させていただいてよろしいでしょうか。やはり親子留学でPEQを目指す方は少なくないのでしょうか?それはシングルマザーでも可能性はあると思われますか?というのも私は6歳と8歳の子供がおりますシングルマザーです。語学学校に行ったのち職業訓練校へ行きフランス語を一緒に勉強していこうと思っておりましたが、改めて考えて、果たして子育てをしながらフランス語の勉強、クラスに通うことは可能なのかと不安になってきました。英語は日常会話は問題ありません、一年間語学学校に通う予定で、英語が上級まで行きしだいフランス語のクラスに切り替えるつもりです。ですがそのくらいの短い期間でフランス語を習得できるのか全く自信がありません。(フランス語は全くの初心者です。)子供がおりますので夜間の仏語のクラスには通えそうにありません。ましてや職業訓練校に通い始めたらそちらの方でいっぱいになり仏語と子育てと両立できるのでしょうか。永住権を取得したいのでやる気はあるのですが現実問題どうなのかと心配です。シングルマザーでも親子留学をしながらPEQを取得された方、チエコさんの周りではいらっしゃいますか?永住権について調べていたところEntry Level and Semi-Skilledという就職先にスポンサーになっていただく永住権取得法があるようで、他の州を検討したほうが可能性があるのかなとおもってきました。。。
    何かアドバイスいただけることは可能でしょうか?お忙しいところ恐縮ですが何かご教示いただけたら幸いです。
    読んでいただきどうもありがとうございました!!

    いいね

    1. Q1 : やはり親子留学でPEQを目指す方は少なくないのでしょうか?それはシングルマザーでも可能性はあると思われますか?

      PEQMONTREAL :  親子留学でPEQという件については、それにより何を目指しているのかを明確にする必要があります。CSQを取得すると、子供は英語の公立学校に行く資格を失います。もし、お子さんの英語力アップを目標に親子留学されるのなら、ひょっとすると中途半端な英語で終わってしまう可能性がありますので、年齢的なタイミングをよくお考えの上、方向を決めていく方がいいと思います。

      私の身近にもシングルマザーの方はいますが、人それぞれ個人差があるので、シングルマザーだから無理、またはシングルマザーでも大丈夫とは一概に言えないと思います。考慮しないといけないのは、カナダでは13歳以下の子供を家に大人の監督なしで置いておくのは法律違反なのだそうです。なので、日本でいう学童のようなところに学校の時間以外は預けることになり、それにはお金もかかります。(二人だと倍かかります)夏休みなどは丸2カ月子供たちが家にいます。その時のことも考慮しないといけませんよね。

      Q2: 職業訓練校に通い始めたらそちらの方でいっぱいになり仏語と子育てと両立できるのでしょうか。

      PEQMONTREAL :  私は試しておりませんが、もしある程度英語ができていらっしゃるなら語学学校は英語ではなく最初から仏語に集中して、B1レベル以上に上がったら仏語で職業訓練を受ける方が、時間の効率はいいかもしれません。私の友人のしばさんの記事をぜひ参考にしてみてください。なぜそちらの方がいいかというと、ケベック州にいる限りはフランス語は必ずついてきますし、今のところは仏語の職業訓練をしている場合は、TEFAQB2の提出の必要がないと言われています。この件は将来変わる可能性もありますが、仏語で職業訓練を受けていれば、TEFAQもインタビューもうまく対応できる確率が上がってくると思うので、こんなことを考えました。もちろん、個人的に英語のレベルアップを目指していらっしゃる場合などは、この限りではありません。

      Q3. Entry Level and Semi-Skilledという就職先にスポンサーになっていただく永住権取得法があるようで、他の州を検討したほうが可能性があるのかなとおもってきました。。。

      PEQMONTREAL :  話には聞いたことがありますが、残念ながら私は詳しく知りません。ただ、持っている学歴、職歴、年齢その他の色々な組み合わせにより、ケベック(PEQ)が最短最速ではない場合も多いようです。特にフランス語の公式テストでB2が必要になってからは、PEQでの移民は時間がかかる可能性が上がってきています。語学が得意な方、過去にフランス語の経験がある方にはお勧めできると思います。

      色々バランスを考えながら決断をしていく必要があり、大変だとは思いますが、準備をしていればできないことはないと思います。ぜひ夢をかなえられますよう、お祈りしています!

      いいね

  2. ちえこさん
    お返事、アドバイス本当にどうもありがとうございました。誰にも相談する人がいなくて、すごく悩んでおりました。こんなに親身に教えていただき感謝感謝です。
    難しい決断です。カナダ移住を考えておりますので、ビザが切れて帰国しなきゃいけなくなったという事になりたくありません。子供たちはもちろん英語を学んでほしいし、私自身も英語のレベルアップを目指しておりますが、ちえこさんの提案のフランス語で職業訓練校に通うというのが、最短でかつB2証明不要(今後どうなるか分からないことは承知です!!)となるとそちらの方がストレートに永住権を目指せますよね…。ただ最近フランス語はどんなものかと映画を見たり本を見たりしましたが、本当にチンプンカンプンでこれが分かるようになるのか!?ましてや職業訓練校に行ける!?ものすごく不安になってきました。大金払ってドロップアウトなんてありえません。短大の頃フランス語を選択してあまりにも難しくあまり興味がなかったのですぐに辞めてしまったことがあります。ちえこさんのブログの中のCGさんの体験談でB2達成は苦痛でしかなく、フランス語に興味がないなら他の週のプログラムを狙った方がいいと書かれてあったのもすごくひっかかりました。。。挑戦はしたい気がするけど出来なかったらどうしよう・・・永住権欲しいなら頑張れよと自分に言いたいのですが、まだ正直覚悟ができずにおります。
    しばさんの記事拝見させて頂きました。まさしく私がこれから目指す工程をいかれてある先輩ですね。これからも楽しみにしております。
    PEQが取得できたら子供たちは英語の公立学校に行く資格を失い、英語が中途半端になる恐れがあるということですが、バイリンガルな都市に住んでいても英語が上達しない可能性があるのでしょうか。フランス語の学校では英語は全く教えてくれませんか?日本語の読み書きも英語の読み書きも中途半端になったら子供たちにもちょっと悪いですよね。ものすごくタイミングが重視されそうな気がします。私自身も仏語を勉強しないと就職先が見つからないようですのでPEQどうこうフランス語は必須になりますね。けど以前お伺いしたPEQもいつまで続くか分からないのであればさっさと申請したいところ子供たちが英語の学校に通えなくなる。。。全くどうしたらいいのか頭が痛いです苦笑
    CGさんの記事のところに書かれてあった、
    HIROSHIさんのようにPEQ(by職業訓練)からちゃんと就職できたアジア人は例外だと思います
    という記事なんですが、アジア人にとってモントリオールで就職先を見つけるのはそんなに難しいことなのでしょうか?
    そうですよね、シングルマザーだからどうだとは一概には言えないし、そこをバネにしてなんとかできることもありますね。ただ子供たちがいる分全ての決断がすごく慎重になってしまいます。
    お忙しいところ丁寧に教えていただき本当にどうもありがとうございます。

    いいね

コメントは停止中です。